男女

ネイリスト求人は美意識が高い女性から人気を集めている

自分を売り込む内容

書類とペン

色々な能力を発揮できる

職務経歴書は、フォーマットがないのでどうしたらいいのか迷いますが、時間をかけて取り組むことで、自分をきちんとアピールすることができます。また、自分が持っている色々な能力を、一度に発揮することができるチャンスでもあります。職務経歴書は、基本的に今まで働いた会社やそこでの実務経験、成果などを記入します。そして、それにプラスして即戦力になれることや、意欲をアピールします。そしてもう一つアピールできるのが、文書を分かりやすくまとめる能力やパソコンのスキルです。職務経歴書は決まったフォーマットがない分、性格が出るので、採用担当者は重視します。自分のセールスポイントが伝わる内容と、見やすいフォーマットにすることで、面接の機会を得ることができます。

面接への苦手意識が消える

職務経歴書を作る際は、フォーマットから考えるのではなく、自分の経歴を振り返ることから始めます。職務経歴書で大切なのは、改めて自分の過去と向き合うことで、仕事の能力や性格上の長所を見つけることです。何でも書けるだけ書き出して、添削を繰り返し、アピールポイントをまとめていきます。そうすることで、どういうフォーマットの職務経歴書にしたらいいか、自分の中で分かってきます。職務経歴書は、必要に迫られて作り始めますが、だんだん自分のセールスポイントが分かってきて、これまでのキャリアに自信を持つことができます。そうすると、苦手だと感じていた面接でも、自分を採用するメリットを伝えることができるので、職務経歴書を作成する意味は大きくなります。